フィットネスに役立つコンテンツや最新情報をお届け『Physique+』をお楽しみください!

【圧倒的なリピート率】選手から一般客まで幅広く指名を受ける、ポパイ関根の仕事への向き合い方とは!?

【ちょっと最近思う事があって・・・】

そう切り出したポパイ関根の口からは、普段のSNS上でのポパイ関根とは違う、トレーナーという職業に対する愛と仕事への向き合い方という真面目な表情を覗かせてくれました。

本日は、ポパイ関根の愛称で知られる(IFBB PRO)の関根丈二選手をお迎えして、「今のフィットネス・トレーナー業界について感じること」という内容で話をお伺いしました。

<聞き手=野澤SHOW>

【関根丈二・せきねじょうじ】ポパイ関根の愛称で知られるプロボディビルダー。ボクシングの補強で始めた筋トレに夢中になり、当時通っていたジムで(うちで働きなよ)と声を掛けられ高校卒業と同時に入社。2020年「HIDETADA YAMAGISHI,IRIS KYLE JAPAN CLASSIC」のボディビルディング部門に出場し、見事優勝。プロカードを獲得した。現在は、プロボディビルダーとして活躍する傍らHERO GYMでトレーナーとして活動している。
ポパイ関根
いや〜緊張するなぁ・・・
野澤SHOW

今日は、普段あまり目にすることの無い真面目なポパイ関根を皆さんにお伝えできればと思っております 笑

ポパイ関根

恥ずかしいな 笑

本当に大丈夫かな….

根は真面目ってバレてますから 笑

野澤SHOW
今日の話題は「今の日本のフィットネスシーン・トレーナーを見て感じること」というこの内容でお話ししていければなと思います。
ポパイ関根

今の日本のフィットネスシーンを見て感じることですか….

ん〜競技者からの目線は一回置いといて、競技者っていうのはどんどん増えていくと思うんですよ。これからも

それは全然良いのかなと思うんですけど

ポパイ関根

やっぱりYouTubeとかで簡単に知識が入るような時代になったじゃないですか

そういうのが増えてくれば増えてくるほど「ある一定のタイミングで、本格的な考え方の人だったりとか、そういう人が残っていく世界になってくると思うんですよね

一気に真面目なトーンに変わった…
ポパイ関根

なので、トレーナーもそうだし

ただ漠然に感覚でものを教える人よりも(例えば、尺をとったり自分で勉強して、後は自分の経験談をもとにわかりやすくお客様に伝えられる)そういった質の高いトレーナーが残っていく世界になってくると思うんですよ

野澤SHOW
要は、本質が問われてくる世界になると
ポパイ関根

だと思います。

それだけ似たり寄ったりでワーって出てきたら、今度じゃあ何でみんな見比べるのかってなったら「やっぱより良いものを選ぶじゃないですか」だから、多分そうなってくると思うんですよね

僕も、少しずつですけど日々勉強してますね
ポパイ関根

って思ってて、やっぱり僕もトレーナーをやっているので

今このご時世、なかなかセミナーとか出れないじゃないですか、でも例えばね

毎月は、本買わないですけど、年に3冊ぐらいは本を買って読むようにして、一応脳みそが小さくならないようにそういう事はしていますね

野澤SHOW

それこそ競技を続けていく10年、10年もかかんないかな

5年くらいでトレーナーも淘汰されていくだろうと「本質を問われた時に残れるように日々勉強している、勉強していってほしい」というメッセージですよね

ポパイ関根

そうですね。やっぱ競技者が増えるとコンテストで入賞者とかもどんどん増えるわけじゃないですか

その経歴で指導ができたりとか、ネームバリューでお客さんを呼べたりもするんですけど、やっぱり仕事でやっていくんだったら継続させたり、色んな事が必要じゃないですか

だから今後は、知識量だったりとか接客の質が大事になってくるのかなって思います

ポパイ関根
すごい真面目になっちゃった 笑
これ本当に大丈夫ですか 笑

どのようにお客さんを集客してるの?

野澤SHOW
まず、REXERに社員として入られた?
ポパイ関根

そうです!入って、社員で入ったらパーソナルも基本的にやる形だったので、

一応、竹本直人君と僕でお客さんのパーソナルをどんどん円滑にまわしていく感じでしたね

野澤SHOW
店舗さんが集客されて「ポパイさんのパーソナルを受けたいんです!」っていうよりもREXERに来た方々を(僕達がご対応しますよ)っていうイメージですか?
ポパイ関根
そうです!
野澤SHOW

やっぱりトレーナーになりたい人達は、店舗が集客してくれるスタイルから始めるのが一番ですかね

ポパイ関根

その方が、やっぱ集客って本来フリーのパーソナルをやる上で一番大変な事じゃないですか

なので、基本的にはそういった始まり方の方が良いのかもしれないですね。僕は、REXERでパーソナルトレーナーとして働いた後に、HERO GYMに入ってって感じですかね

HERO GYMは、集客は自分でやってくださいって感じなので「噂を聞きつけて来てくれたり・対応したお客さんの口コミで広がったり」

本当にありがたい事ですよね
ポパイ関根

最初の方は、Instagramで「パーソナルの募集をしてますよ」って宣言はしてたんですけど

あんまりそれをやると溢れちゃうので、今はもう継続してくれている人と紹介の人と後はDMを送ってくれた人に、もし空いている時間があれば「この時間は空いてますよ」って提供するぐらいで、自分からは宣伝してないって感じですかね

野澤SHOW

お客さんが溢れるぐらいまでなるって、すごい嬉しいことじゃないですか

そこまで(お客さんが来てくれるようになったきっかけ)ってなんだと思います?

お客さんの予約が増えたきっかけ

ポパイ関根

HERO GYM入って、最初ちょっと募集するじゃないですか

そしたら新規のお客さんがポンポンって入ってくるんですけど、そのお客さんが「紹介したい人がいる」とか

意外と僕の場合は「紹介とか周りの人が来てくれる方が多くて、その方々が継続に繋がっている」そういった感覚です

ポパイ関根

中々、人を紹介するのって(例えば、女の子紹介するよって言うのも勇気がいるじゃないですか)良い男の子じゃないと

だから、トレーナーも。もしかしたら僕がお客さんに対して「良いサービスが提供できたので、誰か紹介してくれたのかな」って振り返ると思ったりしますね。おこがましいですけど 笑

あんまり大会の成績は関係ないですね
野澤SHOW
じゃあ、どちらかと言ったら(コンテストに出て、IFBB PROになって)といったブランディング作りよりも
ポパイ関根

あっ、その前からです

JAPAN OPENとかで優勝する前からお客さんを紹介いただけていたので、その時からガツガツ募集はしていなかったですね

野澤SHOW

やっぱり今のポパイ関根選手の一例としては「まず普通のジムでフィットネスジムってどういった場所なのかって言うのを経験・体験して」

そこでジムの接客やサービスってものを覚えますよね

ポパイ関根

覚えますね

その時間は凄い大事だと思います

野澤SHOW

いきなりフリーランスになるよりも、その時間重要ですよね

ジムはどういったところなのか、ジムの接客やサービスを学び、そこでコツコツご自身も勉強して、そしてSNSも少しずつ活用しながら

ポパイ関根選手の場合は「良い接客やサービスをお客様に提供できたからこそ、口コミで広がった」っていう事ですね

ポパイ関根

これから目指す人は、その順番の方が良いかもしれません

僕のお客さんも今も継続してくれている方がほとんどですからね

本当に嬉しいですね
野澤SHOW
ちなみにポパイ関根選手が受けているお客さんは、一般の方と選手だとどっちが多いんですか?
ポパイ関根
一般の方です!
野澤SHOW
ほぉ、そうなんですね
ポパイ関根

週一とか週二で頻度の多い継続の方は一般の方ですね。選手も来てくれてますけど(月一回とか二ヶ月に一回)とかですかね

トレーナーさんによって、パーソナルの考え方って色々あるじゃないですか

野澤SHOW

十人いたら十人違いますね

これは誰が良い誰が悪いとかじゃなくてね

パーソナルトレーナーって学校の先生

ポパイ関根

僕なりの考えだと「学校の先生」みたいだと思っていて、やっぱりお客さんの自立が一番大事じゃないですか

例えば、一年二年とか継続していって「本来だったらどんどん受ける回数が減っていって最終的には、迷った時だけ来てください」っていうスタンスが一番パーソナルでは理想なのかなと思うんですよ

なので、競技者の方には割とそれが促せている感じはするんですよね

僕が考えるパーソナルの理想ですね
ポパイ関根

継続されている一般の方っていうのは、それ以外にも僕に会いたいみたいな方もいてくれるわけじゃないですか

だから頻度が多いなかなと思うんですよ、その差が出ているのかもしれないですね

野澤SHOW

やっぱり凄い大事なところって言うのは、トレーニングの知識や技術をお客さんに提供するのも大事だけれども

それ以上のプラスアルファ「ポパイ関根のパーソナリティ」ここをかってくれていると言うか

ポパイ関根
それもあるかも知れないですね
野澤SHOW

パーソナルトレーニングって身体のケアもあるけれど、心のケアもあるし

コミュニケーションをして、どれぐらいその人の人生や1日がハッピーになるかっていうところも、両方バランスが取れてないと中々厳しいですよね

本当に純粋にその人を考えて、自立してトレーニング続けてくださいねって言うところが最終ゴール」それが伝わるんですよ

ポパイ関根

あっ、ありがとうございます 照

ちょっと真面目すぎましたかね 笑

あんまり慣れてないから、恥ずかしいですね 照

「なぜ、ポパイ関根選手がお客さんから紹介されるのか?」そのヒントが垣間見れる本日のインタビューでした。

真面目な話は本当に苦手と話すポパイ関根選手の考え方「お客さんを第一に考えた接客やサービスの提供、そして日々の学びを怠らず、自らが率先して行動し続ける」そのような姿勢は、参考になるのではないでしょうか?

本日は、IFBB PROの関根丈二(ポパイ関根)選手をお迎えして「今のフィットネス・トレーナー業界について感じること」という内容で話をお伺いしました。

〈撮影・文・編集=恭平(@kyohei_makita_jp)〉