「日本のレジェンド・山岸秀匡」知られざるアマチュア時代に筋肉記者(アナスペ)が迫る。【日本人レジェンドの歩み】

ボディビル競技のレジェンド【山岸秀匡・やまぎし ひでただ】の歴史に筋肉記者(アナスペ)が迫る。スペシャルインタビュー「日本人レジェンドの歩み

筋肉記者(アナスペ) : 世界各国のコンテスト情報や選手の本音に迫るインタビューをお届けする「筋肥大する小部屋」を運営。YouTube登録者(1.64万人)を抱える。
「アマチュア時代・プロ時代(デビュー戦,ミロシュとの出会い,初めてのオリンピア)・プロのお金の話(契約や広告)・今だからこそ伝えいた話」これらの話題をお伺いし、山岸秀匡という人物は、現在に至るまでどのような人生を歩んできたのか、アナスペと共に深掘りしていく
本日のゲストは、国内外問わず数々の金字塔を打ち立ててきた「ビッグ・ヒデ」の愛称で愛される山岸秀匡さんです。

<聞き手=アナスペ>

【山岸秀匡・やまぎしひでただ】高校時代ラグビーの補強でウェイトトレーニングを始める。その後、早稲田大学への進学と同時にラグビー競技に一区切りをつけ、ボディビルの世界を目指す。学生時代に全日本学生ボディビル選手権で2連覇を果たすと卒業後には(IFBB PROオープンクラス日本人初出場・アーノルドクラシック日本人初出場、優勝・10回のオリンピア出場など)数々の金字塔を打ち立てる。ビッグ・ヒデの愛称で愛される日本のレジェンドである。
アナスペ
今日は、日本人初のIFBB PRO・アーノルドクラシックで優勝・10回のオリンピア出場と様々な金字塔を打ち立ててきた、日本が生んだレジェンド「山岸秀匡(ヤマギシ ヒデタダ)」さんに来ていただいています!
山岸秀匡

招待ありがとうございます!

楽しみにしていました。

アナスペ
こちらこそこのような機会をいただき、もうビビっちゃってるんですけど 笑
いやぁ、伝説のレジェンドですから….
山岸秀匡

そんなビビんなくていいよ 笑

今、日本人初のIFBBって紹介いただいたんだけれども、これ結構誤解されてるんだけど日本人初のIFBB PROは、実は俺ではなくて「俺は、日本人初オリンピアのオープン出場と日本人初アーノルドクラシックに出場したのかな

ウィキペディアでも初IFBB PROってなってるんだけれども、実際には初はちょっとどっちが先か定かではないんだけど「杉田茂(すぎた しげる)さんか須藤孝三(すどう こうぞう)さんなの」知ってる?

アナスペ
はい!知ってます。
ごめん…どっちが先かは忘れちゃった
山岸秀匡

この二人がIFBB PROカードをとったはず。俺の記憶では・・・ってかまず間違いない

どっちが先かわかんないんだけどね

山岸秀匡
杉田さんは「ミスター・インターナショナル」って言うアーノルドクラシックの前身の大会に出てるんだよね
アナスペ
アマチュアの方でって事ですか?
山岸秀匡

もう、プロの大会に出てる

お二人はユニバース優勝してるから、当時はユニバース優勝したらプロってなってたから、プロの大会に出てるのよ杉田さんは

ただ成績はちょっとわかんないんだけれども、その次にプロになったのは「石村勝己(いしむら かつみ)」さんって知ってる?

アナスペ
すいません。知らないです
後で、ちょっとググってみてよ
山岸秀匡

この人は、ずっとアメリカに住んでて俺が聞いたのは、結構遅い年齢でプロボディビルダーになって40歳か50歳くらいでボディビル始めたんじゃないかな

それでプロになってアメリカにずっといて、俺もアメリカに来た初めの頃、石村さんに仲良くさせて頂いたんだけれども

石村さんがおそらく3番目

山岸秀匡
4番目が「飯島ゆりえ(いいじま ゆりえ)」さん
アナスペ
すごい沢山いらしゃいますね
山岸秀匡

そう、俺の前に4人いるのね

飯島ゆりえさんは女性でミスオリンピアにも出てる、Lenda Murrayが優勝した時に出てて

この4人の先駆者がいて、俺がIFBB PROになって(初出場)と言えばさっきも言った「オリンピアのオープンとアーノルドクラシック」石村さんは、オリンピアのマスターズ。ミスオリンピアは、ゆりえさんが出てるので

山岸秀匡

一応、これね。あんまり知られてないって言うか、やっぱり俺も先駆者の4人に対して失礼になっちゃうので、ここは言っておかないと

って事で「日本人5人目のIFBB PROだね、俺は」笑

アナスペ
今、僕も初めて知りました
山岸秀匡
よく誤解されてるんだよ、これ大事な事なので訂正したけれども
アナスペ
ありがとうございます!
聞きたい事が多すぎる・・・何から聞こう 笑

学生時代とウェイトトレーニング

アナスペ

今日は、色々な事をお伺いしていきたいんですけれども

まず最初に「トレーニングとの出会い」は何がきっかけだったんですか?

山岸秀匡

トレーニングとの出会いは、高校時代のラグビーの補強

当時、ラグビーやってて体重が60キロぐらいで細かったんだけれども、スポーツをやってたので凄い筋肉質だったのね。で、子供の時からウェイトトレーニングと言うか身体には興味を持ってて

だから、腕立て伏せとか自重で出来るトレーニングと言うか遊びだね。そういうのは子供の頃からずっとやってたんだよ

山岸秀匡

それで高校に入ってラグビーを始めて、ラグビーで60キロだと当たった時に飛ばされちゃうから、それで単純に身体を大きくすると言う事でウェイトトレーニングを始めるんだよね

でも、ジムがあった訳ではなくて、グランドにバーベルとベンチがあってそれでベンチプレスを始めたら、すぐ身体が変わってきて

同時期に入った同級生も一緒にやってるんだけど、俺は圧倒的にこれが好きだったから暇さえあればベンチプレスをやってたね

誰よりもやってたんじゃないかな・・・
アナスペ
気になった事なんですけれども、初めての時ってベンチプレスは何キロぐらい上げられたんですか?
山岸秀匡

60キロ上がった

大きなプレート2枚つけたら60キロじゃん、それで10回やって、すぐ80キロで10回は出来るようになったかな、もう毎日やってるから当時オーバーワークとかそういうの知らないでしょ

山岸秀匡

毎日やってると「筋肉がパンプしてる」って感じをすごく感じることが多くて

だからそれが楽しくて、ベンチプレスばっかりずっとやってた。それがトレーニングの始まりかな

雑誌で知った「ボディビルの世界」

山岸秀匡

ボディビルは、当時俺は札幌にいてその時まだ子供だったからジムとかそう言うの知らなかったのね

だから「そういったジムに行ってみたいな」ってのはあったけれども、やっぱりトレーニング始めたら色々と調べたくなるわけじゃない

当時は雑誌だから、本屋に行って読んでた時にそこに「MUSCLE&FITNESS」と「月刊ボディビルディング」があって、俺はMUSCLE&FITTNESSの表紙の人がかっこいいと思ったんだよね

山岸秀匡
それは「VINCE COMEFORD」って言う人で、知らないでしょ?笑
アナスペ
知らないです 笑
山岸秀匡

俺、結構オールドスクールだから 笑

VINCE COMEFORDって80年代かな?忘れちゃったけど、ナショナルズのチャンピオンで「Blond Myth(金髪の超人)」って言って、「LEE PRIEST」より前のBlond Mythだな

要するに、LEE PRIESTより前のBlond Myth(金髪の超人)と言われた人で同じように身長は低いんだけれども、がっしりした感じでカッコよかったんだよ

アナスペ
あっ、じゃあLEE PRIESTにも似てる感じなんですね
山岸秀匡
そう!似てる感じ、後でまた調べてみて
アナスペ

調べてみます!僕、LEE PRIESTのフロントラットスプレッドした時の迫力が大好き過ぎて、ここになんでこんなに隙間がないんだろうって

こんなちっちゃいですよね、三角形が

LEE PRIESTもめちゃくちゃかっこいいよね
山岸秀匡

彼(VINCE COMEFORD)を見て、俺はこういう風になりたいと思った

その時は、勿論ボディビルとか知らないけど、こういう身体になりたいと言うかこういう人がいるんだと思って

山岸秀匡

で、月刊ボディビルディング見たら、すごい失礼なんだけど俺わからないから、かっこいいと言うよりか「俺もこれぐらいの身体になるんじゃないのかな」って思ったの雑誌見て

だから、ボディビル知った当初からプロボディビルダーみたいな身体になりたかった

山岸秀匡

で、本当は後で「こういう身体になるのも大変だ」って現実を知るわけなんだけれども、それが「ボディビルとの出会い」でその後、高校卒業して大学に行って、早稲田だからさラグビーやるってなったら人生を捧げるじゃないけど、ボディビルと同じで早稲田のラグビーやるんだったらラグビーに没頭しないと、早慶だからね

俺は、ラグビーをそこまでやる気はなくて「ボディビルやろう」って事になったの

アナスペ
それで全日本、あの学生の時に2連覇を果たしたわけですよね
聞けば聞くほど、凄すぎる・・・
山岸秀匡
そうだね。一番最初出た時は、優勝じゃないけど2回目で優勝して、その後翌年も優勝した
アナスペ
その当時から、「もうボディビルだったら人生の全てを捧げよう」って思えたって事ですか?
山岸秀匡

まぁ、捧げようって思いがあったかはわからないけど、好きだったから

もうやっぱり「好きこそ物の上手なれ」で一日中筋肉の事を考えてたね

アナスペ
そこはみんなと一緒ですね!
山岸秀匡
そうそう、本当そうだよ
アナスペ

すいません、これ僕ウィキペディアの情報も入っているので年とかが違う可能性があるんですけど「2002年の時にプロ転向を決意した」と言うふうに書かれてあって、

その時にプロの道に進もうと思ったのは、どういった経緯でどういう思いで転向を決めたんですか?

アマチュアからプロ転向の経緯と思い

山岸秀匡

当時は、プロクオリファイアーってなかったから「日本の人がプロになるにはどうすればいいのか?」って言うのをまず調べようと思って、JBBFのルールブックを見たんだよね。そしたら「プロになるには、3つの条件のうち2つを達成すればいい」と、

その3つと言うのは、一つ目は(ミスター日本で優勝すること)・二つ目は(アジア大会で優勝すること)・三つ目は(世界選手権,ミスターユニバースで決勝に残ること)この中の2つを達成出来れば、IFBB PROカードに推薦しますと書いてあって

当時のプロになるための条件
①日本選手権大会で優勝
②アジア選手権大会で優勝
③世界選手権大会で決勝進出
*3つの内2つを満たすこと
山岸秀匡

だから、俺はすぐ標準をこの3つに合わせたわけ「ミスター日本、アジア、世界選手権」これしか興味はなかったんだけれども、その為にはそれにクオリファイしなくちゃいけないから

最初、アジア大会出る為には日本クラス別というか日本体重別に出なくちゃいけなくて、これに優勝すればアジア大会に出ると言う事なんだよ

山岸秀匡

それに出るためのクオリファイをとる為に、東京で「東京オープン」って言われる新人戦があって、学生を卒業してからそれに出て優勝して、日本クラス別に出て優勝して、アジア大会に最初に出たのが99年かな

その翌年に俺は、アメリカに行って、その時は半年ぐらいの短期だったんだけれども、行って半年間トレーニングして帰ってきて、それが2000年で、その時にミスター日本でトップ3になったの

で、そのミスター日本でトップ3になったら、年末の世界選手権(ミスターユニバース)に選考されるってなってたから

山岸秀匡

それで世界選手権に出て今度は、決勝に進出したの

だから98年から俺、学生卒業して社会人として出てたんだけど、結構もう予定通りに進んだわけよ

「まずアジア出て、その時は4位だったかな、次ミスター日本3位なって、世界選手権出て決勝進んで」まずプロになる条件を一個クリアした

山岸秀匡

次は、じゃあアジアだって言って翌年の2001年アジア選手権で優勝したの

で、2001年にアジア優勝してその翌年に「プロにさせてください」って言ったの

アナスペ
プロデビューを飾ったのは、2005年の「IFBB アイアンマン・プロ」ですよね
山岸秀匡
そうだね。これがプロになるまでの大体の流れだね
いやぁ、もう本当に凄いなぁ・・・
ここまで山岸秀匡さんの「プロになる前の(筋トレやボディビルとの出会い・アマチュア時代)」のお話しをお伺いしてきました。
いやぁ、もう本当にこれまで積み上げてきた歴史の数々が凄すぎて圧倒されています 笑 第二回目「プロデビュー戦から(師匠の)ミロシュ・シャルチェブとの出会い」もめちゃくちゃ濃い内容となっているので、ぜひそちらもお楽しみください!
筋肉記者(アナスペ) : 世界各国のコンテスト情報や選手の本音に迫るインタビューをお届けする「筋肥大する小部屋」を運営。YouTube登録者(1.64万人)を抱える。
「アマチュア時代・プロ時代(デビュー戦,ミロシュとの出会い,初めてのオリンピア)・プロのお金の話(契約や広告)・今だからこそ伝えいた話」これらの話題をお伺いし、山岸秀匡という人物は、現在に至るまでどのような人生を歩んできたのか、アナスペと共に深掘りしていく