最近、10年勤めた会社を辞めて「初めて気付いた競技者の働き方とは!?」井上チャトゥラ剛太の仕事観に迫る。

【会社員時代・フリーの時代を経験した事で・・・】

今年(2022年)3月の大会まで普通の会社員である事に驚いた。タイトルを見て驚かれた方も少なくないのではないでしょうか?会社員時代と現在の働き方を比較して、率直に今感じる事を掘り下げていきます。

本日は、メンズフィジーク、クラシックフィジーク部門において国内外問わず数々のコンテストで好成績を残す井上チャトラ剛太選手をお迎えして「競技者の働き方とは」という話題でお話をお伺いしました。「井上チャトゥラ剛太( @GOTA )

<聞き手=野澤SHOW>

【井上チャトゥラ剛太・いのうえちゃとぅらごうた】元々、名門(帝拳ジム)でボクサーの道を歩んでいた剛太選手。プロになったタイミングで一区切りをつけ、ジムに通い始める。ウエイトトレーニングを本格的に開始して1年足らずで出場したサマスタで見事優勝。その後、常にトップ争いを繰り広げ、現在はメンズフィジークとクラシックフィジークの2つのカテゴリーで活躍するトップ選手である。
野澤SHOW
僕パーソナルトレーナーの剛太選手しか知らないんですけど、学生終わってからパーソナルトレーナーとして働かれてるんですか?
井上剛太
いや、僕は普通の会社員でした
野澤SHOW
え!?
井上剛太

ってか、最近まで働いてました 笑

普通に(毎日会社行って、ジム行って)ってそういう生活を繰り返していました

野澤SHOW
因みに、どういった職業だったんですか?
井上剛太

いや、全然あの営業とかではなくて、事務職でしたね

中でやる作業だったので、そんなに身体は疲れないですけど家から自転車で行けるぐらいの距離で、ジムも家から歩いていける距離で近かったんすよ

野澤SHOW
完璧な環境だ、一番トレーニング出来るやつですね
井上剛太

一番出来るやつです

だから、今年の(2022年3月)アマチュアオリンピアまでの時はその生活で行けたんですけど

最近、職場が建物の老朽化で建て壊しになるって事で、職場が埼玉の方に変わっちゃったんですよ。

野澤SHOW
だいぶ変わりますね、それ
井上剛太

そうなんですよ、往復90分(45分、45分)

朝晩カーディオですよだから 笑

これちょっと無理だなってなって、もう思い切って辞めましたね

野澤SHOW

すげぇ、思い切ってる 笑

だって長く続けられてたんですよね?

井上剛太

そうですね 笑
もう10年ぐらい働いてましたね

まぁただ一つ一番の理由としては、やっぱりアーノルドクラシックですよね。アーノルドに行くとなると、辞めないと無理なんですよ

今ってこのご時世隔離もあるじゃないですか、後3月が自分の会社の繁忙期だったんですよ。繁忙期の時に休むとなると(もう、辞めるしかないでしょ)みたいな感じに思ったので、そこは(すいません!)ってこういう理由でって伝えたんですよね

井上剛太

勤務先の皆も僕が競技をやってて、そこそこの成績も残してるのも知ってたので応援してくれてましたね

で、たまたまその頃から金銭面的にも辞めても大丈夫ぐらいになってきたのでタイミング的にも良かったんですよ(どうしてもこの競技をやってるとお金もかかるじゃないですか)

逆に「これはもう今いかなきゃ後悔するなと思って決めましたね

野澤SHOW
勿論、普通に会社員やっててその傍パーソナルトレーナーもやってるって言う中で徐々にパーソナルトレーニングのお客さんが増えてきて
井上剛太

増えてきて、まぁ後はSNSとかのお仕事もちょっとずつ増えてきたって感じで

でも、やっぱりメインの収入源はパーソナルですかね

野澤SHOW

このインタビューを見ている人って、フィットネス以外の方もいると思うんですけど「パーソナルトレーナーやフィットネスを職業にするにはどうしたらいいんだろう?」って言うふうに思う人も沢山いるんですよ

だから、その剛太選手の方法としては「まず会社員で働きつつ、コンテストに出場をすると」コンテストに出場するって事は、自分で栄養やトレーニングの勉強もする。そして、SNSで自分のやっている事を発信していくとそこでお客さんが付いてくる。

野澤SHOW
今はもう、フリーでやられてるって事ですよね?
井上剛太
そうです、HERO GYMさんで場所をお借りして自分で集客してやってるって感じですね
野澤SHOW

なので、こういうパターンもあるですよ

こういうパターンの方が、競技などで自分の目指す場所に行くには安全な道ではありますよね

井上剛太

今、もう会社を辞めて「その働き方と競技に向けた身体作りや食事を真っ最中でやってるんですけど、やっぱりすごく集中出来て良いですね」

時間を本当に大会に向けて全部費やせるので、だから疲労とかもないですし「とにかくトレーニングの質が高い状態で出来ますね」やっぱり、会社に勤めてたのって意外に疲れてたんだなって言うのは体感してますね

野澤SHOW
時間は安定してる職場だったんですか?
井上剛太

してたんですけど、埼玉の方になってからは朝行って夕方過ぎに帰ってきたんで、その後に自分のトレーニングをやって寝て翌朝みたいな生活だったので

だから、減量末期で有酸素運動とかするとトレーニング後と朝やるじゃないですか、そうすると睡眠時間もガッと減っちゃうので「うわっ大変だなこれは」と思ってたんですけど

井上剛太
拘束される時間がなくなると「自分の好きなタイミングでパーソナルの時間を組み込める」ってのは、凄いいいなって思いますね
野澤SHOW
ただやっぱり自分で集客して、自分と言うパーソナリティをお客様に認めてもらう為の努力も勿論あるところですね
井上剛太
そこは今まで頑張ってきて良かったなと思いますし、これからも継続していこうと思っています!
会社員時代と現在の働き方を比較する事で新しい発見も多いインタビューでした。どの立場・状況・環境によっても出来る事はあると思うので、ぜひ剛太選手のお話を参考にしてみてはいかがでしょうか?
本日は、メンズフィジーク、クラシックフィジーク部門において国内外問わず数々のコンテストで好成績を残す井上チャトラ剛太選手をお迎えして「競技者の働き方とは」という話題でお話をお伺いしました。「井上チャトゥラ剛太( @GOTA )
〈撮影・文・編集=恭平(@kyohei_makita_jp)〉