フィットネスに役立つコンテンツや最新情報をお届け『Physique+』をお楽しみください!

真子心太郎の「デカいまま絞れた秘訣」とは?

筋トレYouTuberのRIJU氏をインタビューアーに迎えた特集「筋トレ対談」第四回目のゲストは、YouTube登録者8万人を突破した筋トレYouTubrであり、カネキンフィットネスジムでトレーナーとしても活躍する「真子心太郎氏( Shintarou Manago )」

常に、フィットネスコンテストのトップ争いを繰り広げる真子心太郎選手の考えに迫ります。彼が掲げたテーマが「オフの時からオン

<聞き手=RIJU>

本日は、宜しくお願いします!
RIJU

先程、心太郎君との胸の合トレが終わりまして

人によって色んな人に減量の仕方があると思うので、それを今日は心太郎君に聞いてみたいと思います!

心太郎さん
宜しくお願いします!

真子心太郎の減量の秘訣

RIJU

先日、心太郎君が出場していたブレーズオープンとプロクオリファイ

両方とも一番前の席で見てたんですけど、過去最高の仕上がりだったじゃないですか

そこまでの筋量を維持しながらコンディションをもってった減量方法を聞いてみたくて

RIJU

今回、すごいデカいまま絞れていたイメージが僕の中であったんですよ

その減量の過程をInstagramでずっと見てたんですけど、僕と違うのが「早い段階で良い感じのコンディションにもっていっている」のが印象深くて

大会から逆算して、どのくらい前には良いコンディションにもっていくって意識してますか?

心太郎さん

大体、大会の1か月ぐらい前には、ほぼ仕上がる感じにはしてるつもりですね

最低限ステージに立てる身体にはもっていってます

RIJU
そこから絞って上げていくタイミングとかってありますか?
心太郎さん
上げていくのは、大体コンテストの10日から一週間ぐらい前にカーボアップ含めて上げていきます
RIJU
身体(筋肉)を元気にしていく作業って事ですね
なるほどなぁ
心太郎さん

結局、コンテストの時って身体が元気な状態で出るのが一番正解と言うか、ゴールだと思うので

こうギリギリの状態でステージに出ても身体の張りも悪くなってしまうし、疲労とかをやっぱ抜かないとコンテストでは力を発揮できないと思いますね

RIJU

確かに、そうですよね。

因みに、ブレーズオープンの大会の時って減量の期間はどれぐらい設けましたか?

心太郎さん

ブレーズオープンの減量は、特に今までと結構変えてやったんですよ

特に調整の部分で減量に入る前から脂肪を乗せずに(リーン)にと言うか、ある程度の体脂肪率を保ったまま本当に少しづつ乗せていったので

(減量幅も3・4キロぐらい)それを2か月半ぐらいかけてやりましたね。

心太郎さん

実は、2か月半っていうのも初めてで

大体基本いつも16週間~4か月間、減量期間を設けるんですけど、今回初めて2か月半でやりました

それであの仕上がりかぁ
RIJU
じゃあ、オフの時すらオフって言う感じではなくて
心太郎さん
めちゃくちゃ我慢しました
RIJU

大会の為のオフみたいな感じか(オフだけどオン)みたいな

そういう状態でいたからこそ、2か月半の期間であそこまで仕上がった訳ですよね

心太郎さん

それも意外とやっぱり減量期間が長ければ長いほど、カタボリックな状態が長く続いているって訳なんで

短いに越したことはないと思うんですけど

心太郎さん

減量中ってどうしてもカロリーマイナスじゃないですか

だけど、リーンにするにしてもカロリーはプラスと言うか保ったままなので、絶対に減量中よりかキツくないはずなんですよね

そこをちゃんと考えていけば、別に辛くはないと思います。お腹空いたとかならないと思うんで

心太郎さん
そこでうまく自分の事をコントロールして、たまにチートデイみたいな感じで作ってあげたり
RIJU
あ!チート入れる派なんですね
心太郎さん
そうですね!オフの時はたまに食べます
RIJU
チート入れるタイミングって何か決めてます?
心太郎さん

減量中は決めるんですけど、今はバランス見ながらって感じで

食べた次の日は、朝から有酸素やって取り戻すみたいな

RIJU
例えば、体重がこれくらい落ちたらチート入れるみたいな感じ?それとも期間的な問題ですか?(一週間ごとにとか)
心太郎さん

体重はあんまり見ないですね

期間とか身体のコンディションとか

RIJU
そこで感覚的に判断するみたいな感じですね
本当、毎回勉強なるわぁ
RIJU

定期的にそういうリフィードと言うかチートデイを入れるから

そこもやっぱり、身体が元気な状態を保つ秘訣の一つなんですかね

心太郎さん
身体が元気なのも大事なんですけど、やっぱりメンタルが一番大事だと思いますね

減量を初めてする人に向けて

RIJU

減量を初めてやる人とかも見てると思うので、そういう人って炭水化物の量とか気にする人もいると思うんですよ

参考までに心太郎君って炭水化物の量ってどんな感じですか?

心太郎さん

減量中は、普通だと思います。

ただその分タンパク質が結構多いですね。筋肉を落としたくないので「筋肉の栄養=タンパク質」それが一番大きいので結構とりますね

心太郎さん

減量中は、大体6食食べるんですけど(1食当たり約40~50ぐらい)

なので、300ぐらいとってます。その分カーボも少ないので

RIJU

タンパク質をその位入れるんだったら、アンダーカロリーにするんだったら炭水化物は必然的にちょっと下がりますもんね

炭水化物は何グラムぐらいですか?

心太郎さん

一番少なくて100以下の時もあるんですよ

ただそれは揺さぶりをかけてる時なんで、減量末期の多い時は180・200とか

スタートは、200~300ぐらい

RIJU
そっから段々と落としていって、最後は揺さぶりをかけて落としていくって事だよね
心太郎さん

基本的に脂質は計算しないので、まぁ勝手に入ってくるじゃないですか

卵とか鶏肉にも多少脂が入ってるし

RIJU
やっぱり揺さぶりをかけるって大事なんですね
心太郎さん

停滞もしたくないですし、身体の反応も悪くなっちゃうのでなるべく揺さぶりはあった方が良いかなと思います。

普通だと思います、僕の減量って

RIJU
でもやっぱり、そんな中でもちゃんと仕上げてくるのが凄いなって思うから
心太郎さん
最後は、本当にメンタル
確かに…
RIJU
後、あれやってなかったですか?ゼロカロリーをいっぱい食べるみたいな 笑
心太郎さん
あぁ、今回は人工甘味料とか気にせずに食べちゃいましたね
RIJU

体感としては、人工甘味料食べたから悪くなったとかなかったですか?

よく身体が浮腫むとかいいますよね

心太郎さん

正直なかったですね

今まではそういう事を考えてビビッて人工甘味料とか、最後の方は抜いたりしてたんですよ。

後、例えばカーボアップで食べ過ぎないようにしてたんですけど、今回そこをプロクオリファイの前にブレーズオープンがあったので、そこでチャレンジと言うか試せたのでそこで上手くはまってくれたので良かったです。

いやぁ、なるほど
心太郎さん
プロクオリファイでは、うまくいかなかったんですけどそれも経験と言うことで、次に生かしたいですね
RIJU
心太郎君みたいに、年数大会出てる方ですら最後の調整って難しいもんですよね
心太郎さん
難しいです
RIJU

ある程度、余裕があれば実験する期間も出来るし

そういう意味でも余裕がとにかく必要って事ですよね

RIJU
今日は、本当に色々とお話聞けて良かったです!ありがとうございました!

常にコンテストで上位に食い込む真子慎太郎選手の「オフの時からオンの意識」ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

本日は、YouTube登録者8万人を突破した筋トレYouTubrであり、カネキンフィットネスジムでトレーナーとしても活躍する「真子心太郎氏( Shintarou Manago )」をお招きしました!

YouTube Channel「Shintarou」

真子心太郎選手が運営するYouTubeチャンネルもぜひチェックしてみてください!

〈取材=RIJU(@stallone.riju)/文・撮影=恭平(@kyohei_makita_jp