Japan Pro 2021直前インタビュー 「長谷川浩久×野澤SHOW」

今年2021年8月、フィットネスの歴史に刻まれる「日本人プロフィジーカー同士の熱き戦いが繰り広げられたTOKYO PRO」まだ記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

あの熱き戦いが、今週末(11月13日~14日)に進化を遂げ戻ってくる。我々も、大会のメインMCを務める野澤SHOW氏のYouTubeチャンネル「 SHOW TV 」とのコラボ企画を実施。Japan Proに出場表明している注目選手にインタビューを行った。

本日のゲストは、IFBB PRO 長谷川浩久選手( @Hirohisa Hasegawa )

<聞き手=野澤SHOW>

野澤SHOW
どうですか体調は、絶好調ですか?
長谷川選手
今回は、減量自体もそんなに苦がなく出来たので、体調面も問題はないですね。
野澤SHOW
顔がげっそりしているんで、今しんどい状況なのかなと思ったら全然そうではないと
長谷川選手
そうですね、全然元気です。

先日のTOKYO PROの印象

野澤SHOW
8月にありましたTokyo Proですが、長谷川選手もご覧になりましたか?
長谷川選手
見てました
野澤SHOW
何を思いましたか?あのラインナップをご覧になって
長谷川選手

何を思った….まぁ、皆デカいなとは思いましたけどね 笑

後、皆コンディションの調整が難しそうだなって感じはしましたけど、外す人と決めてきた人とそれで大分差が出たなって感じで、その日のコンディションが一番良かった湯浅選手が勝利したというイメージですね

野澤SHOW
サイズとか筋肉のクオリティ以上にその日のコンディションが勝敗を決めたって言うのは、私も同じイメージですね。
野澤SHOW

今回、あのメンバー全員はいませんけど、Top3は出場してくる訳で

そこにいよいよプロデビュー戦の長谷川選手が乗り込むわけですけども、村人が勇者のパーティーに戦いを挑むようなものだと」長谷川選手のInstagramに投稿されていました。

その言葉がとても印象的だったんですけど、今の印象はどうですか?

JAPAN PROに向けた気持ち

長谷川選手

僕がバルクであの3人に勝つ事は全くないので、それこそコンディションとバランスと完成度だと僕は思っていますね。

8月のTokyoPro見た限りではまだ隙があるような気がしたので

野澤SHOW

近年、オリンピア見てもメンズフィジークってバランスが評価基準としては高いのかなって印象ですけど、アマチュア時代からの長谷川選手の武器と言えば「ミッドセクションとバランス」

何かこう、Japan Proであのバルク連中に勝つ為に特別にやってきたトレーニングとかありますか?

長谷川選手

トレーニング自体は、変えたというよりもミッドセクションと背中のカットとかが、皆細かいカットは入ってないなって気がしたので

その辺で完成度と言う意味では僕の追求する形があるので、その辺で差がつけばいいなと思いました。

野澤SHOW

2月に大阪でプロとってからオフ期間に入ったじゃないですか

そのオフ期間でいつも以上にバルクアップに時間をかけたというかバルクアップを狙ったオフは過ごしたんですか?

長谷川選手

そんな特別に何かしたと言うよりか、いつも通りスイーツが好きなので毎日カフェ巡りして、スイーツ食べてって感じで過ごしてたんですけど 笑

肩と背中のトレーニングの頻度だけ増やしましたね。週2で回すサイクルで

野澤SHOW
そこはクオリティを上げていくと言う意味で
長谷川選手

そうですね。圧倒的に肩のサイズ感が足りてないなっていうのもあって、背中の広がりももう少しつけたいなって言うのもありつつ

それでルーティンを変えていった感じですね。

Name

やはりね、関西と言えば長谷川選手や佐藤正悟選手ですけど

オンに入ってからJapan Proに向けて佐藤正悟選手とコミュニケーションとってたりするんですか?

長谷川選手
佐藤さんとも定期的に連絡とってますし、大会終わった後ご飯行く約束もしてますね 笑

今回のプロデビュー戦の目標

Name

今回の大会、上位3人がくる中で長谷川選手様々なクオリティというところを変えてきて

勿論、隙をついていくというところで、日本中のファンが長谷川選手がどんな戦いを見せてくれるのか?凄い楽しみにしてると思うんですけど

ご自身の今大会の目標は?

長谷川選手
いや、僕3位入賞です 笑

長谷川選手

1位は、狙ってないです。

僕は自分を客観視できるので「優勝するぞ!」とは、今の段階では言う事は出来ないので

今、隙をつくという話をしたんですけど、隙をついて入れて3位くらいかなっていう自己評価ですね。僕は

野澤SHOW
前日のアマチュアオリンピアで3人がプロになると思うんですけど、この3人もJapan Pro出てくると思うので
長谷川選手
その人達にね、負ける可能性もあるので 笑
野澤SHOW

今、SNSとかね

そういったところでアマチュアオリンピアに出場表明している面々は、かなり強敵揃いですよね。

長谷川選手

そうですね。石本ファルーク選手( @Farouq Ishimoto )やSteven Anthony選手( @Steven Anthony )とかですよね

あのあたりの選手もかなりバルキーなので、結局2年前のJapan Pro見ててもクオリファイで勝った選手が、プロ戦で上位に入るって言うのがあるので

そういう意味でコンディションバチバチに決めてくるのは、クオリファイの人達の方が強いのかなって気はしてますね。

野澤SHOW

勢いもありますし。

まさに今おっしゃってた2年前の方も翌年のJapan Proとっちゃいましたもんね。

長谷川選手
そういう意味では、その方達との争いもあるので苦戦を強いられる気はしますけど
野澤SHOW
でも、非常に楽しみです!

応援してくれている方々へ

長谷川選手

僕は、自分を客観的に見て自己評価が出来るタイプだと思うので、そんな大きな事は言えないんですけど

僕は僕なりの戦い方というか、僕の考え方の中で出来るフィールドの中で闘ってるので、その中で出来る事を尽くしてやっていきますので、皆様の期待とかお答え出来るように精進していきたいと思います

応援のほう宜しくお願いします。

いよいよ今週末11月13日に「LYFT PRESENTS OLYMPIA AMATEUR JAPAN 2021」14日に「LYFT PRESENTS JAPAN PRO 2021」が開催されます。2日間にわたって行われる熱き戦いに注目ください。

本日のゲストは、14日のプロ戦に出場するIFBB PRO 長谷川浩久選手( @Hirohisa Hasegawa )でした。

〈インタビュアー=野澤SHOW(@nozawa_show)/文・撮影=恭平(@kyohei_makita_jp